音味

音響や配信に関するメモ書

SONY SRS-NB10レビュー : マイク付ネックバンドスピーカーとマイクは一人暮らしのビデオ会議のスピーカーフォンとして最強

 リモートワークで丸一日でも快適に装着できるイヤホン、マイクが無いかということで着目していたネックバンドスピーカーだったのですが、SONYからまさにビデオ会議にぴったりなSRS-NB10が発売されたのでさっそく使ってみた感想をレビューします。

f:id:brtRiver:20210905025136j:plain
すべてが曲線状のSRS-NB10

www.sony.jp

3行でまとめると

  • 頭にイヤホン、ヘッドホンをつけなくて良く軽量で肩への負荷も少なくメガネ民には最強
  • スピーカーは会議の相手の声を聞くには十分。ただし音漏れ前提
  • BT接続だけどマイクの音声はかなりクリアで合格点
続きを読む

Anker USB-C & 3.5 mm オーディオアダプタ レビュー: お手軽なハイレゾ音源に対応したUSB-C DAC

Amazon Music HD が Amazon Music Unlimitedに入っていれば実は無料でアップグレードできることを知り、これでハイレゾ音源を楽しめるぜいと思ったら、手持ちのPixel3のスマホのイヤホンジャックからだと 24bit/48kHz までしか出ないことを知り、何かお手頃なDACがないかと思っていたら 安心安定の Anker から1,500円とお手頃なDACが出ていたので買ってみたのでレビューです

f:id:brtRiver:20210714201005p:plain
Anker USB-C & 3.5 mm オーディオアダプタ

amzn.to

3行でまとめると

  • Anker USB-C のスペックは 24bit/96kHz
  • マイク付きイヤホンのマイクも外部マイクとして認識される
  • お手軽ハイレゾDACとしておすすめ
続きを読む

ゼンハイザー XS Lav USB-C レビュー: USB接続できるラベリア有線マイク(ピンマイク)は聞きやすい音質だが感度が低いので注意

基本ゼンハイザーが大好きな自分ですが、USB-Cのラベリア有線マイクが発売されるとのこと。国内販売前に海外のamazonで購入できたので実際に使ってみたレビューを書いてみたいと思います。

ja-jp.sennheiser.com

f:id:brtRiver:20210710010356j:plain
ゼンハイザー XS Lav USB-C

3行でまとめると

  • 音質は間違いなくナチュラルで良い感じ
  • マイク感度は低いので注意 (OpenCommと同じぐらい?)
  • 無指向性マイクなのでそれなりに環境音を拾ってしまう
続きを読む

ゼンハイザー CX True Wireless: 1万円台で最強の完全ワイヤレスイヤホンかもしれない

ゼンハイザーがCX400BTを進化させ1万円台で True Wireless2 よりも機能的に優れた要素も入れた CX True Wireless を発表しましたね

ja-jp.sennheiser.com

CX400BTもTrue Wireless2 も持ってる自分にはあまりに衝撃的だったのでかんたんにスペックからわかることを紹介したいと思います。 実機をレビューしたわけではなく各メディアの発表をもとに紹介するので、実際に販売されるとスペックなどに違いがあるかもしれない点は注意してください。

3行でまとめると

  • そもそも販売価格が1.7万円台に (今までのCX400BTは割引価格)
  • BlueTooth 5.2になったことでバッテリーの持ちが True Wireless2 よりも長く
  • 左右独立通信ができるようになったので遅延も小さくなった可能性
続きを読む

SONY WF-1000XM4 本音レビュー : 音質重視というよりは映像コンテンツを楽しむのに最適。ゼンハイザー True Wireless2 との比較

f:id:brtRiver:20210626052430j:plain
SONY WF-1000XM4

 発売前からあちこちでレビューがあがっている SONY WF-1000XM4で前評判が高い完全ワイヤレスです。マイク性能も上がっておりリモート会議などで実用的ではないかというところにも期待し実際に購入したのでファーストインプレッションと普段使っている ゼンハイザー True Wireless2 との比較などをレビューしたいと思います。

www.sony.jp

4行でまとめると

  • アプリの操作性、体験が最高
  • 音質は ソニーらしい音。低音がしっかり前に出てライブやYoutubeなどの映像コンテンツを楽しむのにぴったり
  • ノイズキャンセルはただ強いのではなくコンテンツに集中できるノイズキャンセル
  • マイク性能は合格点。ただし周りが騒がしすぎる場合はノイズキャンセルに過度に期待しないほうがいい
続きを読む

"誰でも簡単にできる" 赤ちゃんが泣いていても快適にビデオ会議できるマイクセッティング

 以前無駄にガチで環境を作って子供の声ができるだけ入らない環境を作ってみた記事を書きました。

otoaji.hatenablog.jp

 今みてもガチすぎてあまり参考にならないのですが、この記事を書いてから1年が過ぎましたが、さらにリモートワークでビデオ会議をこなしていく中で色々試した結果かなりシンプルな構成で快適にビデオ会議ができています。今回はどうやって家庭環境音を減らしつつ良い音声を届けながら快適にビデオ会議をやっているかについて書いてみたいと思います。

4行でまとめると

  • PC内蔵のマイク、スピーカーは使わない
  • 家庭音のノイズキャンセルするのはマイクを買い換えることではなくKrispを使うこと
  • マイクはPCにUSB接続できるタイプにする
  • 耳をふさがないイヤホンを使うと話しやすい
続きを読む

ゼンハイザー IE 100 PRO レビュー : フラットなダイナミックインイヤーモニター。軽くて心地よい装着感と密封度が高くしっかりとした遮音性

ja-jp.sennheiser.com

SENNHEISER ( ゼンハイザー ) / IE100PRO ブラック カナル型イヤホン

 IEM(インイヤーモニター)は、もともとはステージで演奏するときに返し(モニタ)を聞くために用意されたイヤホンです。ステージではギターやドラムなど多くの楽器が大音量でなっています。その中でボーカルなど生音、ドラムベースのリズム隊をしっかりモニタする必要があります。そのためしっかりと耳に密着し遮音性が高い必要あります。また、あくまでもモニタとして聞くためステージで聞いているのと同じ自然な味付けの音質、つまりフラットな音質で聞く必要があります。

 低価格から色々ありますが、今回ゼンハイザーからIE 100 PROが発売されました。特徴としてはIEMとしての設計はもちろんのこと1つのダイナミックドライバーであったり、とにかく心地よい装着感が特徴です。

 装着感の快適さはこれからの蒸し暑い夏の季節においては仕事のBGMを聞いたり、リモート会議のモニタとして利用する用途にもぴったりです。実際に利用してみて感じたことをレビューしてみたいと思います。

4行でまとめると

  • ワンドライバーの音質はとても素直で良い。癖はないがちょっと中高音域がやんちゃかもしれない
  • 装着感は快適そのもの。そこらへんの安いノイズキャンセル機能よりも遮音性が高いので環境音は気にならない
  • イヤーピースも圧迫感が少なめで良いが丸一日装着しっぱなしは辛い
  • インピーダンスが低いので接続機器を選ばない。ただし小さい音量での調整が厳しい
続きを読む